Trans Eurasien Expreß seit 2002

 
erscheint i.d.R. vierteljährlich und behandelt bedeutende und/oder interessante Eisenbahnen und sonstige Transportmittel in der Welt, mit Vergleichen zwischen Japan und dem Ausland, Geschichts- und Kulturvergleichen - je nach Thema der Ausgabe. Alle Fotos, Ton- und Videoaufnahmen wurden vom Author selbst aufgenommen, soweit keine fremde Quelle ausdrücklich vermerkt ist.

Mikio Tanaka

 
     
   


 
32. ワイコロアの「ねじ式」トラムに見る米国式シュールレアリズム

Waikoloa Hilton Fahrzeuge im Disney-Stil
und sonstige interessante Fahrzeuge in Hawaii
今回の取材地: アメリカ 日本 フランス


Die Tram schiebt sich durch die Open-Air Cafes
 
1. 非日常を演出するトラム

千葉県房総半島の太海* (源頼朝が石橋山で平家軍に敗北後千葉で再起するまで身を隠したと伝えられる 仁右衛門島*の対岸にある)は、つげ義春の代表作「ねじ式」の舞台だ。子供の頃読んだこの作品の不気味さは現在も脳細胞のどこかの片隅にこびりついている。つげ作品は「夢」の描写がうまい。夢の中では時代も場所も脈絡無く連続し、高校の頃の夢を見ていたかと思うと教室の中に死んだ祖父が何気なくいたり、次には現代に戻ったり中世にいたりと、正気なら異常に感じる唐突な展開を夢の中の登場人物は(自分を含め)誰も気に留めない。「ねじ式」でも太海の線路もない路地や民家の中に唐突に蒸気機関車が現れるが、誰も気にしない。



Unten links: Ein ungewöhnlicher Anblick: Ein Zug, der unter den Kronleuchtern der Lobby
hindurchfährt. Für die Hotelgäste nichts Neues, sie schenken dem Zug keine Beachtung

太海の蒸気機関車のような「ねじ式」的に唐突な非現実感を楽しめる乗物が、ハワイ島北西隅ワイコロア Waikoloa 地区にある。シャンデリアが輝くホテルのロビーの中を電車が走るシュールさと、手前の子供が気にも留めない(左下)のを見てこのようなシーンはどこかで見た感じがして遠い記憶を手繰り、「ねじ式」を思い出した次第だ。車内に通路は無くコンパートメント毎にドアがある大昔の欧州の客車のような構造だ(右下)



Das als tropisches Paradies inszenierte Gelände war ursprünglich
mit Lava bedecktes Brachland – Good job!

熱帯林や建物の中を大蛇のようにぬるぬると通り抜けていく5 両編成のゴムタイヤ式トラムは、Hilton Waikoloa Village*の25 万㎡という広大な敷地内に点在する宿泊棟やレストランを結ぶ交通機関だ。沿線には人工の瀑布が轟き、運河には極彩色の熱帯魚が回遊し、緑地には南国の鳥が羽を休め、ロビーには巨大な中国の壷が鎮座し、イマーリ(伊万里?)と称する禅庭園があるかと思えば船ルートの東の終着・Boat Landing Pavilion はタイ風建築という具合で、アメリカ人の考えるエキゾティズムてんこ盛り、つまりリゾート丸ごと非日常、がコンセプトなのだ。そもそもリゾート客は非日常を求めて来るのだから直球勝負で行こうという訳だ。Surreal feel*を感じたと宿泊客にも言わしめたこの人工楽園は、建設前は一面溶岩だったというのだから恐れ入る。

2.非日常を演出する技術的工夫 - 第三軌条方式との比較


Oben: Da die Stromversorgung des Zugmotors über besondere, unterirdisch verlegte Stromleitungen
erfolgt, ist auch die Abzweigung sehr speziell. Daher werden diese Mini-Drehscheiben verwendet.


上:集電方式における安全性と美観維持の両立への工夫が面白い。通常の架線を張れば美観を害する。かといって人膝の高さに3 本目のレールを敷設して電流を流してそこから集電する第三軌条方式第10話参照)を子供が走り回るリゾートで採用する訳にはいかない。そこでワイコロアでは給電レールを軌道中央地下の線渠に埋めてしまった。分岐はこのような小型ターンテーブルで、回転台下の線渠ごと回転する仕組と思われる。現在繋がっている左方向が本線、途切れている右方向は車庫に通じる。左下:引き込み線は宿泊棟同士を結ぶ長い廊下(手前・撮影位置)を横切って車庫(右下)に繋がるが、宿泊客が往来する廊下との平面交差には踏切は設けられていない。



銀座線に踏切?警告文満載の可動ゲートが、ここが日本唯一の特異点である事を示す。
「銀座線踏切」と、奇をてらったような看板まで大書するとは、東京メトロもおちゃめだ。
Bei Elektrobahnen, die nicht über die Oberleitung mit Strom versorgt werden, kommt oft eine dritte
Stromschiene zum Einsatz. Da dabei die Gefahr von Stromschlägen bei ebenerdigen Kreuzungen besteht,
wurden in Japan an der einzigen solchen Kreuzung aufwändige Sicherheitsvorkehrungen und
-hinweise getroffen, wie auf dem Foto zu sehen. (Ein/Ausfahrt des Depots der Ginza-Linie in Ueno, Tokyo)

このような給電方式は日本では全く見かけないが、第三軌条と公道の平面交差なら一か所だけ存在する。東京メトロ銀座線(こちらは美観目的では無くトンネル断面小型化の為の第三軌条だが)の上野検車区前踏切は、道路側の遮断機が上がっている間は人が線路に立ち入って給電レール(写真上のオレンジ枠矢印)感電しないよう、ギロチン形ゲートで線路の方を閉鎖してしまうものものしさだ。



左上・下:架線の無い踏切を電車が通過する異様な光景が、余りに自然体なので
異様に見えない。2 両編成の電車はシャモニー Chamonix 行Z800 形モンブラン急行
Mont Blanc Express 。右上:第三軌条の断面を間近に横切る Argentière 駅構内踏切
Es ist anders in Europa, wo das Selbstverantwortungskonzept verbreitet ist. Hier findet man als physische
Vorbeugemaßnahme gegen elektrische Schläge nur Warnungen wie hier in Chamonix in Frankreich.

自己責任概念の浸透している欧州では平面交差を伴う第三軌条の例は意外とある(さすがに少ないが)。英国の都市近郊電化区間では珍しくなく、2007 年までは天下のユーロスター第29 話参照)すらパンタを降ろして第三軌条区間に乗り入れていた。上の写真はフランス版 「白い山」(ワイコロアの東に聳えるマウナ・ケア Mauna Kea もハワイ語で「白い山」の由)モン・ブラン Mont Blanc の麓の山岳路線の例で、第三軌条方式の電車(ディーゼルカーではない)が道路と平面交差する場面(上左・下)と、高圧電流が流れる第三軌条の断面を間近に見ながら線路を横切るアルジャンティエール Argentièr 駅構内の歩行者用踏切(上右)だ。良く見ると危険 Danger! の文字と髑髏マークが書いてあるが、それだけだ。



歩行者が往来する廊下と平面交差する部分(写真手前)では、給電
装置が走る地中埋込線渠にはスリット部分ともども蓋がされている。

仏ボルドーBordeaux旧市街の歴史景観地区ではアルストム社が開発した地表集電Alimentation par Sol (APS) システム*が実用化された。これは軌道中央に定間隔で絶縁区間を設けた給電レールを設置し、電車の移動に合わせ車体直下部分のみ次々と加圧し、電車がいない時に歩行者が地表に露出する給電レールを踏んでも無加圧なので感電しないハイテクシステムだ。こういう(文字通り)目に見えない努力を傾注する辺り、如何にも都市景観に敏感で電線の地中化を古くから推進してきた欧州らしい。これと比べるとワイコロアの線渠方式は素朴な構造だ。昔ロンドン等でも試みられたが普及しなかったのは溝の中の電線が雨水や泥の流入でショートしない為の保守作業が大変だった為だが、湿った風がマウナ・ケア(富士山より高い標高4203mはハワイ最高、海洋底から計測した10203mは地球最高といい、明瞭な夜空の得られる頂上付近は天文台銀座で、すばる天文台もここにある)等の巨山に遮られる為年間降雨量僅か250mmという高い晴天率に恵まれたワイコロア地区だからこそ可能なのかもしれない。

3.非日常を演出する水中軌条案内式ボート



写真上下共に奥がホテルのフロント。
In Waikoloa verkehren auch Boote. Die Anlegestelle vor der Rezeption

船もホテル内の移動手段で、「非日常感」を更に演出する。非日常の演出という点では、夢見る白鳥王・ルートヴィッヒ2世第23話参照)が建てたノイシュヴァーンシュタインNeuschwanstein(新白鳥石)城*が有名でディズニーのシンデレラ城* のモデルにもなった。アメリカにおける非日常性の表現としてはメランコリックなつげ義春的、というより、このディズニー的陽気さこそ相応しい。この宿について検索してみたら案の定Disney-ish というコメントが次々と出てきた。更に、同ホテルのHPによればボートシステムの設計を行ったのは(船体メーカーではなく)正にそのディズニー社だという。これは新白鳥石城の基本設計を(建築家ではなく)舞台芸術家が担当した第23話参照)のと平仄が合う。つまりこのワイコロアのホテルは、「非日常」に軸足を置いた点で新白鳥石城と時空を超えて志を同じくし、その意味でホテルというよりハウステンボスのような宿泊施設付テーマパークというコンセプトなのだろう。

採算を考えなければならない民間企業(註1)としては、バイエルン王国の国家財政を傾けて造られた新白鳥石城と勝負する事はできないが、1 世紀分の技術の進歩が光る。船もトラム同様バイト学生のような若者が操舵しているのに、狭い水路での離合も接岸も、熟練した船頭並にぴたりとこなす。不思議に思って良く見ると水の底に軌道のようなものが見え、船は忠実にその上を走っている。どういう構造か判明しなかったが、「船の形をした案内軌条式水上トラム」のようなものらしい。Google maps の衛星画像で見ると、白いトラムの軌道とほぼ並走する水路の中にレールのようなものが見え、途中川幅の広い箇所では分岐や転回線と思しきものも見える(左上)

 
(註1) 超ユニークな巨大施設を最初に建設した会社は投下資本回収に苦労し、合理的価格で譲り受けた次の買主の下でやっと経営が安定する例はしばしばあるが、ここでも360 億ドルを投じたというこの施設を建設したハイアットは撤退している。
 


左上:水中の軌条に沿って急カーブを切るボートを避けて熱帯魚が一斉に泳ぎ去っていく。右:船着
小屋駅の狭い水路に船が「入線」してくる様子は鉄道駅のようだ。水中軌条案内式の面目躍如だ。
Die Boote werden von jungen Hilfskräften, die eigentlich nicht viel Erfahrung in der Wasserfahrt
haben können, sicher durch die schmalen Wasserstrassen gesteuert. Bei gutem
Hinsehen entdeckt man Gleise am Boden des Wassers, auf denen die Boote fahren.

Boat Landing Pavilion 駅は臨水レストランを兼ね、眼前に船が発着する。船はバッテリー駆動なのでディーゼルエンジンの騒音も排ガスもなく、スクリューが清水を掻き混ぜる涼やかな音と、食卓の上まで降りてくる雀君達の囀り声だけがBGM だ。



Auch die Bootsfahrt im durch die im Wind schwankenden
Palmenhaine scheinenden Sonnenlicht ist sehr angenehm.

アメリカ人の好むマホガニー材をふんだんに奢り、高級車のようなゆったりした白いシートに身を沈め、椰子の木漏れ日で斑になりながらジャングルを擬した水路を進む楽しさは「ねじ式」トラムに負けない非日常性の演出度抜群だ。トラムも船も、非宿泊客もホテルの駐車代さえ払えば乗り放題だ。この駐車代とてホテル内で確か20ドルだかを使えば一定時間無料になる(2008年)ので、中でランチでも取ればそれでdoneだ。乗物好きにはたまらない宿だ。



Bahn und Boote fahren parallel zueinander, die Gäste können je nach Laune
und Größe ihres Gepäcks das für sie passende Verkehrsmittel auswählen.

ボートはトラムとほぼ平行して走り、客は気分と用途に応じて選択できる。眺めでは船が優るが大きな荷物がある時はトラムが便利だ。上:水辺のプロムナードを走ってラグーンタワーのロビーの中に到着するトラムを、ボートから撮影。中:パレスタワー駅もフロント前駅同様、乗換が容易だ。

4.その他ハワイ島の交通情景



Auf Hawaii findet man ein weitläufiges Lavaplateau.

島内の移動は車になるので、一番安いカローラを借りた。一帯のホテルは溶岩を庭園内に取り入れてハワイ島的野趣を演出している(上)が、一般道に出ると一面溶岩台地で、火星かどこかにいるような気分だ(下)。一部の悪路での事故は保険適用外とポリシーに書いてあったので、妙な冒険心は起こさない方が良い。



Eine Flotte von Hubschraubern bietet Vulkantouren an.

アメリカは軽飛行機やヘリコプターを用いた安価な航空観光が普及しているが、3D 感覚(第21話参照)を楽しむならヘリだ。同一形式・同色のヘリが続々と離発着する様子は軍隊のようだ。



Während meines Besuchs war der Vulkan ruhig, man sieht nur winzige Stellen mit roter Lava.

但し(幸か不幸か)現在キラウエアの火山活動は沈静化しているので、灼熱色に熾った溶岩流の赤い舌が大地を焼き尽くしながら這っていく光景を期待すると失望する。空中散歩を楽しむだけの積もりで参加すると、冷えた溶岩の下にちろちろと赤い火が見えれば得した気になるが、それとて曇天時でないと見にくい。左下:大量の溶岩流に遮断され、放棄された道路。



Das Terminal des Flughafens Kona ist als luftiges Cottage gestaltet, so dass
man sofort bei der Ankunft die tropische Atmosphäre geniessen kann.

コナ空港はゲートのあるビルも風が吹き抜けるコテージ風で、到着と同時に南国リゾート
に来た事を実感できる。余りにも無防備なので昨今のテロ対策で要塞のようなビルに変
貌しないか心配だ。

5.オアフ島の交通情景



Den halben Tag, den ich in Honolulu beim Umsteigen auf den Flug
nach Tokyo hatte, habe ich für einen Rundflug im Wasserflugzeug genutzt

ハワイは初訪問だったので、往路ホノルルでの乗換に半日弱の時間差を設けた。乗物愛好家兼(乗物コラムを書くのに頼朝から始めないと気がすまない)歴史愛好家として、オアフ島で半日あれば何をするか、答えは自ずとあった。第二次大戦の戦跡めぐりだ。1942年12月8日の真珠湾攻撃と同じルートを一部通るIsland Seaplane Service, Inc.社*の遊覧飛行の基地はホノルル空港の端にある。基地といってもケエヒ環礁Ke’ehi Lagoonに面した木製の浮桟橋の上で、絵になるAulii Lagoon 教会(左上)と並んだ同社の小屋がぷかぷか揺れているだけだ。水上機は初搭乗だったので、出発まで舵の様子(中)や浮舟の水抜き作業(中上)を見物した。



Der kurze Flug bietet abwechslungsreiche Einblicke in die Insel: die Hochhäuser von Waikiki,
Daiamond Head, das Tal, in dem Jurassic Park gedreht wurde, das Meer der Tropen etc.

ごつい雪上車第26話参照)の乗心地が意外に良いのとは逆に、双フロート型水上機(接水面積の多い飛行艇の乗り心地はもっとワイルドだろう)の滑水時は僅かな波でもガンガン揺れ、水の硬さを実感する。ワイキキ(右上)→ダイヤモンドヘッド(左上)→ジュラシックパークのロケ地となったU字峡谷(左下)→カネオヘ湾Kaneohe Bay(右下)と進む。実に表情豊かな島だ。



右中:滑走路に向けてタクシング中の日航ジャンボ機が見えた。平和は素晴らしい。
Die zweite Hälfte des Flugs geht entlang der Route, die die japanische Armee am 8.12.1942 beim Angriff
auf Pearl Harbor flog. Links oben: In der Ferne taucht die Bucht von Pearl Habor auf. Links unten:
Das USS Arizona Memorial und das inzwischen aus dem Dienst ausgeschiedene Kriegsschiff Missouri.

最後は1941年12月8日に日本軍の戦闘爆撃機354機が空を圧して通過したコースを辿って真珠湾に向かう。日本軍が空路侵入した地点付近には巨大なレーダー基地が睨みをきかせ、アメリカ人が観光客を迎える笑顔とは全く別の、歴史に学んだ厳しい表情を見せる。左上:くたびれた機体と単発エンジンの前方に軍艦が遊弋する真珠湾が見えてきた。68年前爆弾を抱えて攻撃に参加したパイロット達は、ほぼ同じ景色を死の恐怖と共に見た筈だ。機は真珠湾上空からアリゾナ・メモリアルと戦艦ミズーリ(右上・左下)を眺めた後、翼を大きく旋回させて着水する。



Links oben: Direkt vor der Arizona liegt die Missouri vor Anker. An Deck der Missouri unterzeichneten die
Vertreter Japans die Kapitulationsurkunde und die Missouri scheint der Arizona zuzurufen: „Wir haben euren Tod
gerächt!“ Unten: Aus der Arizona am Grunde der Bucht tritt auch heute noch Öl aus, als ob sie langsam ausblutet.

真珠湾攻撃で沈没したアリゾナUSS Arizona(左上)の艦橋があった辺りの海面上に被害者を悼むアリゾナ・メモリアル*が建設され(右上)、聖地のようになっている。撃沈後70年近くを経た今日も海底の機関室から浮上するオイルが流血のように海面を漂う(下)



Unten: die Brücke der Missouri. Zum Schutz der Leben der Kommandatur
wurde auf der Brücke ein tresorähnlicher Kommandoraum gebaut.

海底に眠るアリゾナの鼻先の海上*に「仇をとったぞ」とばかりに係留保存されているのが戦艦ミズーリ USS Missouri だ。朝鮮戦争にも従軍した同艦は、湾岸戦争でイラク軍を洋上から撃ち白ませたのを最後に半世紀にわたる戦歴を終え、1992 年に退役した。左下:着弾時の爆風や破片から司令部を守る金庫のような司令塔。大艦巨砲主義時代の古豪ではあるが、次の写真右上手前にある小さな機器(レーダー)の有無が、日米の索敵能力の差を劇的なものにした。



Unten links: Am 2.9.1945 unterzeichnete an dieser Stelle der damalige japanische Außenminister Shigemitsu
die Urkunde für die bedingungslose Kapitulation Japans. Der Stift, den er verwendete, ist ebenfalls ausgestellt.

右上:ミズーリの40.6cm主砲は硫黄島・沖縄・東京都・室蘭市・日立市等に向けた艦砲射撃にも使われた。下:同艦デッキ前方右舷には「1945年9月2日、当時北緯35度21分17秒・東経139度45分36秒の東京湾に投錨中の本艦に於て連合国軍に対する日本の正式降伏文書が調印され、ここに第2次世界大戦は終結した。」との銘があり、その隣には当時の重光葵外相や勝者を代表したマッカーサー元帥らの署名のある無条件降伏文書の写しと、この歴史的文書の署名に使われたペンが展示されている。

【追記】
・ワイコロアのトラムはこの数か月後新型に置き換えられ、取材車両はスクラップ処理された。
・オアフ島の観光潜水艇アトランティスについては第63話参照。

 

次号第33話では広島で活躍するドイツのトラムと被爆電車をご紹介する。

 
(2009年5月)
 
 
前号へ
次号へ

最新号へ
 
     
  H.I.S. London TOPページに戻る  
 
本連載の画像・音声・動画は引用注記の無い限り筆者が撮影・録音。
資料は各脱稿日現在の該当会社・団体のHP、WikipediaWebsite über die schnellsten Züge der Welt 各所掲のデータを参照したもので、それ以上の検証は行っていない。
意見にわたる箇所は全て筆者の私見である。
   
 
このページに関するご意見・ご感想・ご質問は
まで
 
     
 
コンピュータに動画用プログラムがインストールされていない場合はこちらからダウンロードできます。
 

 
   
 
 
     
 
Go to H.I.S.
H.I.S. London H.I.S. Wien
H.I.S. Zürich H.I.S. Cairo
H.I.S. Germany H.I.S. Amsterdam
H.I.S. Spain H.I.S. Italy
H.I.S. Turkey H.I.S. Moscow
       
H.I.S. London Blog
ロンドン雑学講座ブログ
 
相互リンクサイト
Railways in Germany
Social media